【すべて解決!】ワイン好きによくある悩み事「飲みすぎ&歯の着色」

私を含め、ワインの味や香りが大好きな方は多いですが、一方でワインをたくさん飲むことで生じてしまう悩みもあります。

これらはワイン好きあるあるかもしれませんね(笑)

では、実際そのワインに関する悩みを解決するには、どうすれば良いのでしょうか?

ワインをたくさん飲みたくてワイン通販を利用しようか考えているけれど、これらの悩みがちょっと気になる、そんな方はぜひ読んでおいてくださいね♡

悩み①ワインはおいしいけど歯の着色が気になる

おいしいワインはいくらでも飲みたくなってしまいます。
ワイン通販で赤ワインをたくさん注文した時は、ついたくさん飲んでしまいたくなりますからね。

しかし、ワイン、特に赤ワインはたくさん飲み続けていると、ワインに含まれているポリフェノールは、歯を黄色っぽく着色してしまう原因になってしまいます。

綺麗な歯を保ちながらおいしくワインを飲み続ける方法はないのでしょうか?

ポリフェノールにはアンチエイジング効果が含まれていて、健康増進にも効果的な飲み物ではありますが、一方でポリフェノールによる弊害で歯が黄色っぽくなってしまうことも否めません。

また、ワインには多量の糖が含まれています。
その糖が残ってしまうことはむし歯に近づいてしまう原因にもなってしまうので、合わせて注意しましょう。

ワインによる歯の着色を解決するには

自宅でできる歯の着色予防として、やっぱり一番大切なのは歯磨きをすること!

そして、そのタイミングが重要です。
赤ワインを飲みつつ歯を白く保つためには、ワインを飲む前に歯磨きをしましょう。

特に赤ワインによる着色を防ぐために有効なのがフッ素配合の歯磨き粉です。

フッ素配合の歯磨き粉を使って赤ワインを飲む前にしっかりと歯をコーティングしておくことで、歯に赤ワインの色が染み付いてしまうことを防ぐ効果があります。

もちろん赤ワインを飲んだ後も、寝る前は歯磨きが必須です。
食事後すぐ歯を磨くと歯を傷つける原因になるので少し時間をおきましょう。

自宅でワイン通販で注文したワインを飲むときも、外でワインを飲むときも、いつでも歯磨きできるように用意しておくのがおすすめです☆

ワインの飲み方を工夫する

歯磨きも良いですが、どうしても歯磨き粉の味でワインや食事の味を損ねたくない、シチュエーション的に歯磨きに行くタイミングが無い、そんな時はワインの飲み方や食事の取り方で工夫してみましょう。

ワインをずっと飲み続けていると、どんどん歯が着色しやすくなっていきます。
ですので、口の中を洗い流すためにワインを飲みつつ、定期的に水も飲むことで着色を抑えることができます!

また、ワインは酸性なのでその酸を中和してくれるアルカリ性の食べ物を一緒に食べることで、黄ばみを抑える効果があります。

代表例はチーズですね。
チーズをおつまみとして選ぶ方は多いですが、チーズはアルカリ性なので歯の着色を抑えてくれます。

実はおつまみにチーズを選ぶことはとても理にかなってるんですね♡

ワインの着色が頑固ならホワイトニングをする

歯磨きや飲み方の工夫はあくまで予防策。
すでに着色してしまったという方の場合は遅いですし、予防策を完璧に行ったところで100%着色しないなんてことはありません。

ですので、着色が頑固、すでに歯が黄ばんでしまったという方は、ホワイトニングを定期的に行うのもおすすめです!

実はホワイトニングは人気が高まっていることから、ホワイトニング専門の歯科なども数多くできています。

ホワイトニングは今かなり手軽になっているので、1年に1回、半年に1回など、定期的にホワイトニングに通って歯を白く保つのもおすすめですよ☆

悩み②ワインを飲むと頭痛がひどい

ワインを飲むと頭痛がする、そんな方はいませんか?
実は私もその一人です!

ワイン通販でたくさんワインを注文して飲み比べをしていると、特に頭痛が出やすいです。

ただ、家事はしないといけないですし、ワインを飲んで頭痛が起こったとなると旦那に止められます(笑)

なんて、子供っぽいかもしれませんが、私にとっては死活問題なのでどうしてワインを飲むと頭痛が起こるのか調べました!

ワインには酸化を防ぐために亜硫酸塩という防腐剤を入れます。

体質的に亜硫酸塩が合わず、アレルギー反応として頭痛が起こっている可能性があります。

他にも、ワインに含まれるアミンやヒスタミン、チラミンなどの成分が原因で頭痛が起こることも。

これらの成分は脳の血管に大きな影響を及ぼし、血管を拡張・または収縮させます。

これらの成分の影響を受けやすい方は、ワインを飲むことで頭痛を起こしやすいので注意してくださいね。

ワインによる頭痛を解決するには

ワインによる頭痛を解決するには様々な方法がありますが、あまりにひどい場合はお医者さんにかかるのが一番です。

亜硫酸塩やヒスタミン・チラミンなど、頭痛の要因は複数個あります。

ですので、まずは原因が一体どれなのか突き止めなければいけません。

亜硫酸塩が含まれているものにはオリーブやエビなども挙げられます。

これらを食べた場合も頭痛が起きたなら、亜硫酸塩が影響である可能性が高いですが、その他の場合もあります。

ヒスタミンなどの場合は病院で処方してもらえる抗ヒスタミン剤などの薬があります。

お医者さんと相談しながら、用法・容量を守って楽しくワインを楽しんでくださいね☆

ワインの通販をする上で、ワインを飲んだ時のあなたの体にまつわる影響ともうまく付き合ってください!